自然観察週報

 2000年10月22日〜10月28日 


〇気象のようす

   前線の通過にともない、秋晴れと雨天が一日おきに訪れました。

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
10月23日
(月)
 
 
自然観察園
 
 
マヒワ
 
 
数十羽の群れが飛来していました。ハンノキの林を中心に移動を繰り返しています。なかなかじっとしていないので、ゆっくり観察するのはむずかしいです。
 
 
金 子
 
 
10月24日
(火)
 
 
自然観察園
 
 
マヒワ
 
 
前日の雨で充分に餌を採れなかったのでしょうか。まだ若いハンノキの実をこじ開けるように貪り食べる様子を今日はゆっくり観察できました。
 

 
宮 橋
金 子
 

 
10月24日
(火)
 
 
自然観察園
 
 
ヤグラタケ
 
 
キノコに寄生して生活している、という珍しい生態を持っているキノコで、斜面林に生えていたクロハツというベニタケ科のキノコの傘の上に生えていました。
 
 
清 野
 
 
10月28日
(土)
 
 
行徳界隈
 
 
カリン
 
 
行事で、行徳の古い町並みを歩きました。果樹を植えている家が多く、カリンやカキ、ナツミカン、ユズ、キンカンなどの実が目立ちました。
 

 
宮 橋
金 子
 


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る