自然観察週報

 2011年1月9日から2011年1月15日


〇気象のようす

 

寒の入りから日本列島は、強い寒気に包まれました。
市川では晴天が続き、厳しい寒さになりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
1月13日
木曜日 
 
国府台2丁目
 
カルガモ
 
国府台の江戸川にはいつもヒドリガモの群れがいますが、この日は見当たりませんでした。かわりにカルガモが石の上にあがって休んでいました。朝のうちの強い北風がヒドリガモを追ったのでしょうか?
  
 
金子
 
1月14日
金曜日 
 
長田谷津
 
ヨシガモ
 
ヨシガモが、カルガモに混じっていました。博物館の記録では、2000年の12月から翌年1月にかけて以来の飛来です。今回はオス1羽ですが、頭の冠羽と腰にかけて垂れた羽がみごとなきれいな雄です。岸から肉眼でもじっくり見ることができました。
  
 
宮橋
 
1月14日
金曜日 
 
長田谷津
 
スギ
 
雄花の芽が目立ちはじめました。それをエナガがしきりにつついていました。花粉症のことを思うと、エナガを応援してしまいます。
  
 
宮橋
 
1月14日
金曜日 
 
長田谷津
 
シメ
 
ゴンズイの実を食べていました。殻を割る時にパチッと音が聞こえました。ぶら下がった実は枝が揺れて取りづらそうでした。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る