自然観察週報

 2011年2月6日から2011年2月12日


〇気象のようす

 

ようやく雨が続きました。
11日には雪となり、うっすらと積もりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
2月7日
月曜日 
 
堀之内
 
コガモ
 
国分川を見にゆきました。カルガモに混じってコガモが数羽泳いでました。川沿いを飼い犬が通っても気にならないようで、のんびり浮かんでいました。
  
 
宮橋
 
2月7日
月曜日 
 
堀之内
 
ホトケノザ
 
畑のすみで咲いていました。タネツケバナも咲いていました。フキノトウを探しましたが、見つかりませんでした。
  
 
宮橋
 
2月10日
木曜日 
 
アイリンク
 展望施設
 
筑波山
 
市史の講座でアイリンクタワーの展望施設に上がりました。前日の雨にも 関わらず冷たい北風が水蒸気を吹き払い、遠くまで見通せる絶好のコン ディションでした。筑波山がきれいに見えました。
  
 
金子
 
2月12日
土曜日 
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
1月の降雨のあと、この週に入って3回の降雨(2月11日は雪)がありまし た。1月は18+2で20卵塊でしたが、この日数えたら414卵塊ありました。
数年前から池の環境整備が進んで産卵が多かったので、その時生まれた子 ガエルたちが産卵に参加できるようになったのでしょうか。
  
 
金子
 
2月12日
土曜日 
 
長田谷津
 
タネツケバナ
 
カワモヅクを探して水路沿いを歩いたら、もうタネツケバナが咲いていま した。カワモヅクは見つかりませんでした。
  
 
金子
 
2月12日
土曜日 
 
長田谷津
 
ふきのとう
 
カエルの卵が400個を越した日、ふきのとうがひとつ、姿を見せていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る