自然観察週報

 2011年2月20日から2011年2月26日


〇気象のようす

 

2月25日に関東地方に春一番が吹きました。一気に暖かくなり、スギの花粉が飛びました。
その後は北風に変わり、寒くなりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
2月20日
日曜日 
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
追加の産卵があって、卵塊は514個になりました。
  
 
金子
 
2月25日
金曜日 
 
中国分
 
オオイヌノフグリ
 
日当たりのいい斜面にひとかたまりの群生がありました。晴れていたので、よく開いていました。
  
 
金子
 
2月25日
金曜日 
 
坂川旧河口
 
カラスノエンドウ
 
堤防の斜面には春の草が伸び出していました。オオイヌノフグリやヒメオドリコソウが咲いていて、カラスノエンドウはみずみずしい葉っぱが伸びていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る