自然観察週報

 2011年3月27日から2011年4月2日


〇気象のようす

 

3月も冷たい日が多く、結果、コブシや桜は例年より1週間遅れです。
でも、春は確かに進んでいます。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
3月31日
木曜日 
 
長田谷津
 
タネツケバナ
 
みずみずしい株が目立ちます。次々に白い花が咲き始めました。
  
 
金子
 
4月1日
金曜日 
 
長田谷津
 
エナガ
 
巣作りをしていました。イヌシデの幹の股にせっせと苔をついばんでは運んでいました。エナガの巣はボール型ですが、まだ上部が開いていました。子育てまで行くか楽しみです。
  
 
宮橋
 
4月1日
金曜日 
 
長田谷津
 
ノミノフスマ
 
花が咲き始めました。タネツケバナと白い花が目立ちます。コブシの花もまだきれいです。サクラは、植栽のシダレザクラ(枝垂桜)が咲き始めました。
  
 
宮橋
 
4月1日
金曜日 
 
長田谷津
 
ウシガエル
 
日差しが暖かい朝、最奥の池でウシガエルがのんびりと日向ぼっこをしていました。ミシシッピーアカミミガメも甲羅干しをしていました。
  
 
宮橋
 
4月2日
土曜日 
 
長田谷津
 
ウグイスカグラ
 
三分咲きくらいです。開いた花も素敵ですが、2つずつ並んだピンクのつぼみも可愛らしくて楽しいです。
  
 
金子
 
4月2日
土曜日 
 
長田谷津
 
コブシ
 
花が見頃でした。散り始めた株や満開の株、これから咲きだしていく株など、長田谷津のどこに生えているかで開花の進みが違っていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る