自然観察週報

 2011年4月17日から2011年4月23日


〇気象のようす

 

4月19日と23日にまとまった雨がありました。
カラカラ天気が一息つきました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
4月17日
日曜日 
 
大野町4丁目
 
アケビ
 
ちょうど満開でした。隣では、サルトリイバラも小さな花を目いっぱい咲かせていました。
  
 
金子
 
4月17日
日曜日 
 
ふれあい農園
 
レンゲ
 
ふれあい農園のレンゲ園でレンゲが咲き始めました。さっそくミツバチが来ていました。
  
 
金子
 
4月17日
日曜日 
 
市営霊園
 
タチツボスミレ
 
古くからの斜面林で咲いていました。今年は当たり年で、小さな株にいたるまで軒並み花をつけていて、一面、うす紫色でした。小さな株が大きな花を咲かせる様は、高山植物のようでした。
  
 
金子
 
4月17日
日曜日 
 
市営霊園
 
ノミノツヅリ
 
地味な野草ですが、芝地で咲いていました。霊園の明るい芝地はネジバナなどもやがて咲き、けっこう野草が楽しめます。
  
 
金子
 
4月17日
日曜日 
 
長田谷津
 
ウラシマソウ
 
手入れがいい斜面林では数が少なめですが、今年も咲いていました。長い「釣り糸」が伸びていました。
  
 
金子
 
4月20日
水曜日 
 
八幡小学校
 
ヒキガエルのおたまじゃくし
 
校内の池でおたまじゃくしが泳いでいました。校舎の付近でカエルを見かけることもあるそうです。例年、5月の運動会の練習の頃、いつの間にかいなくなってしまうそうです。児童が観察していました。
  
 
宮橋
 
4月20日
水曜日 
 
八幡神社
 
イチョウ
 
雄花が咲いていました。手元で見られる場所にも枝がありました。新芽の緑がきれいです。クスノキは、真っ赤になった葉がたくさん落ちていて、掃除が大変そうでした。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る