自然観察週報

 2011年5月1日から2011年5月7日


〇気象のようす

 

素晴らしい青空の日もあり、雨降りの日もありました。
天気も気温も、激しく変動しました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
5月1日
日曜日 
 
長田谷津
 
フジ
 
フジがちょうど 見ごろでした。いつものように斜面林の木々の上の方でいくつもの房が咲いていましたが、今年はハンノキにからんだツルの花付きがよく、とてもきれいでした。
  
 
金子
 
5月1日
日曜日 
 
長田谷津
 
ホオノキ
 
春は開放していないモミジ山に、ホオノキが植えてあります。ちょうど咲いていたのですが、下から見上げるホオノキは、感動が薄くて残念でした。
  
 
金子
 
5月1日
日曜日 
 
長田谷津
 
キンラン
 
咲き始めました。今年は株が多く、よく育っています。咲いても盗られていないので、あちことで目につきます。連休中も盗られないことを祈るばかりです。ギンランも咲きだしていました。
  
 
金子
 
5月1日
日曜日 
 
長田谷津
 
キツネノボタン
 
今年は、キツネノボタンが目立ちます。湿地にいろいろ手を入れた結果、キツネノボタンにちょうど良い環境が増えたようです。春らしい黄色い花が湿地を彩っていました。
  
 
金子
 
5月4日
水曜日 
 
大野町4丁目
 
オオルリ
 
夕方、駒形神社の北側の雑木林からオオルリの鳴き声が聞こえてきました。姿を確認することはできませんでしたが、初夏を感じることができました。
  
 
須藤
 
5月4日
水曜日 
 
大野町4丁目
 
ミズキ
 
通称「花の木谷津」と呼ばれる駒形神社南側の谷津に面した斜面林でミズキの白い花が目立っていました。遠目で近づくことができなかったのですが、水平に伸びた枝ぶりが見事です。この南向きの斜面林では、フジは、そろそろ盛りを過ぎて終わりのようでした。
  
 
須藤
 
5月4日
水曜日 
 
動植物園内
 
ツマグロヒョウモン
 
おおぜいの人でにぎわう動物園内、博物館の建物のまわりを飛んでいました。博物館の屋上のタレスにはアメリカスミレサイシンが群生しているので、産卵するかもしれません。
  
 
金子
 
5月5日
木曜日 
 
大野町2丁目
 
アマドコロ
 
市川大野駅の南側の斜面で灌木切り開いた場所にアマドコロが白い花を咲かせ始めました。数日前までは、ウラシマソウの苞が目立っていましたが、こちらは花期が終わり目にする数が少なくなりました。
  
 
須藤
 
5月7日
土曜日 
 
長田谷津
 
ミツバウツギ
 
園内にひと株しかありませんが、今年は花付きよく咲いていました。萼(がく)も花弁も白くて花びらのようで、甘い香りも素敵でした。
  
 
金子
 
5月7日
土曜日 
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
おたまじゃくしが、早くも子ガエルになっていました。あぜに足を踏み入れると、ピョンピョンと飛び跳ねました。
  
 
金子
 
5月7日
土曜日 
 
長田谷津
 
ハナイカダ
 
ちょうど満開でした。雄株と雌株が近いところにあって、両方を観察することができました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る