自然観察週報

 2011年6月12日から2011年6月18日


〇気象のようす

 

梅雨らしい曇天の日が多くありました。
梅雨入りが早く、ここまででずいぶん雨が降りました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
6月14日
火曜日 
 
長田谷津
 
ムラサキシキブ
 
花が咲き始めました。低木の花が一段落したこの季節に咲くピンクの花は、とても鮮やかで目立ちます。
  
 
宮橋
 
6月14日
火曜日 
 
長田谷津
 
サンショウ
 
青い小さな実がいくつもついていました。いつの間にか花は終わっていました。葉に触れて実を見ていたら、しばらく良い香りが手に残りました。
  
 
宮橋
 
6月14日
火曜日 
 
長田谷津
 
クモの巣
 
霧雨が降りだすと、水平に張られた巣網に水滴がついて、とても素敵でしたが、獲物からは丸見えです。
  
 
宮橋
 
6月14日
火曜日 
 
長田谷津
 
ナナフシ
 
コナラやムラサキシキブの葉をせっせと食べていました。雨が降り出したら、葉の裏側にぶら下がってじっとしていました。
  
 
宮橋
 
6月14日
火曜日 
 
柏井町1丁目
 
エビヅル
 
畑のそばの農道にそった藪に、いろいろなツル草が生えていました。ちょうどエビヅルが花を咲かせ始めていました。
  
 
金子
 
6月17日
金曜日 
 
柏井町4丁目
 
ツバメ
 
ツバメの巣の調査をしていたら、まっ白い粘土?、石膏?で造った人造の巣に泥を継ぎ足した巣がありました。親鳥が戻ってくるとヒナの元気な声が響きました。大事にしてもらっていて、いいですね。
  
 
金子
 
6月17日
金曜日 
 
大野町3丁目
 
アオサギ
 
大柏川と武蔵野線が交差するあたりの川べりから、大きなアオサギがゆっくりと飛び立ちました。きれいになった大柏川には餌の魚がいっぱいです。
  
 
金子
 
6月17日
金曜日 
 
柏井町3丁目
 
アカバナユウゲショウ
 
耕作していない畑に一面に咲いていました。曇っていて花が閉じていましたが、それでも紫がいちめんでした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る