自然観察週報

 2011年7月24日から2011年7月30日


〇気象のようす

 

太平洋高気圧と大陸の冷たい高気圧がぶつかって、不安定な大気状態になりました。
新潟から福島にかけて豪雨災害が発生しました。市川市内は涼しく、曇りがちの天気でした。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
7月24日
日曜日 
 
三番瀬
 
タイワンイトマキエイ
 
珍しい魚が採れると連絡をくださる漁師さんから、エイのような変わった魚が採れたと連絡をいただきました。うかがうと、イトマキエイの幼魚で、図鑑で調べたらタイワンイトマキエイでした。ちょうど青潮が発生していて関係があるのかどうか不明ですが、思わぬ種類にちょっとびっくりしました。胸鰭の端から端まで22センチメートルありました。
  
 
金子
 
7月24日
日曜日 
 
江戸川放水路
 
青潮
 
関東の南岸を台風が通過した後、冷たくて強い北風が入りました。猛暑の後の北風に、予想通り青潮が発生しました。漁師さんにうかがうと沖はきれいで、江戸川放水路を中心に湾岸の一部のみの発生だったようです。放水路は行徳橋のところまで緑白色の水に覆われていました。
  
 
金子
 
7月29日
金曜日 
 
ふれあい農園
 
イネ
 
イネの花が咲いていました。稲穂にたくさんの花がついているイネと、これから咲き出すイネがありました。種類が違うのでしょう。
  
 
金子
 
7月29日
金曜日 
 
ふれあい農園
 
イヌゴマ
 
雨に濡れた草むらの先でピンクの花を咲かせていました。かつて北方の湿地帯や坂川旧河口の湿地帯で見つけたことがあります。
  
 
金子
 
7月29日
金曜日 
 
市営霊園
 
イチョウ
 
イチョウ並木を見上げると、銀色のぎんなんが実っている木が何本かありました。鈴なりの緑の実もいいものですね。
  
 
金子
 
7月29日
金曜日 
 
市営霊園
 
ヤマユリ
 
奥まったところに行くと、咲き残りのヤマユリがありました。まだきれいでしたが、雨降りだったこともあり香りは感じませんでした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る