自然観察週報

 2011年7月31日から2011年8月6日


〇気象のようす

 

台風が南海上にあって、暑い空気が送り込まれてきました。
ひさしぶりに夏空が戻り、「遅れている」と報道されていたセミがいっせいに鳴きだしました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
7月31日
日曜日 
 
長田谷津
 
ヘイケボタル
 
今年のホタルは、梅雨明けが早くて暑かったこともあって、7月前半から好調でした。7月下旬になって冷気が入り、強い雨が降ったこともあり、この日はホタルがとても少ない日曜日でした。見に来てくださった方にはごめんなさい、という感じです。長袖を羽織るよう様な陽気だと、ホタルの観察は難しいですね。
  
 
金子
 
8月2日
火曜日 
 
堀之内貝塚
 
キツネノカミソリ
 
貝塚の林に行くと、いつもの場所に咲き始めていました。まだ開いていないツボミもあって、これからさらに茎が伸びてくると思います。8月第2週くらいが見ごろでしょうか。
  
 
金子
 
8月2日
火曜日 
 
堀之内貝塚
 
ギンヤンマ
 
堀之内貝塚の木々を背景にギンヤンマが悠然と飛んでいました。田んぼで見る姿とは違った印象でした。
  
 
金子
 
8月4日
木曜日 
 
江戸川
 
ミズヒマワリ
 
水際に生えていた特定外来種のミズヒマワリを、河川管理者の方々が駆除していました。きれいな花なんですけれどね・・・・
  
 
金子
 
8月4日
木曜日 
 
江戸川放水路
 
トビハゼ
 
今年はトビハゼの巣穴が少なくて心配ですが、この日、今年生まれの小さなトビハゼが干潟に戻ってきていました。
  
 
金子
 
8月5日
金曜日 
 
江戸川放水路
 
トビハゼ
 
前日の右岸に続いて、この日、左岸の干潟でも今年生まれのトビハゼが干潟に何匹も戻ってきていました。近くには巣穴はいくつもあって、遅れて繁殖しているようでした。
  
 
金子
 
8月6日
土曜日 
 
長田谷津
 
キツネノカミソリ
 
長田谷津のキツネノカミソリがちょうど咲いていました。草刈をしていましたが、花が咲いていたので刈り残してもらえました。
  
 
金子
 
8月6日
土曜日 
 
長田谷津
 
アキノタムラソウ
 
開けた林の草原で青い花を咲かせていました。ヒヨドリバナも咲いていて、アキカラマツやキンミズヒキはまだつぼみでした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る