自然観察週報

 2011年9月25日から2011年10月1日


〇気象のようす

 

朝晩を中心にすっかり涼しくなりました。
日中でも長袖を羽織っている人が多くなりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
9月25日
日曜日 
 
長田谷津
 
ハンノキ
 
前週に通過した台風15号の強風で、ハンノキの枝が何本も折れて湿地に落ちていました。ボランティアの方々と片付けました。
  
 
金子
 
9月25日
日曜日 
 
長田谷津
 
アキノウナギツカミ
 
咲きだしました。ミゾソバも咲き始めていて、タデ類が見ごろになっていきます。秋の気配が濃くなりました。
  
 
金子
 
9月27日
火曜日 
 
長田谷津
 
スズメウリ
 
今年はスズメウリの実がよく実っています。まだ緑色ですが、横に伸びたツルに鈴なりの様は、可愛らしい感じです。
  
 
金子
 
9月27日
火曜日 
 
長田谷津
 
イボクサ
 
湿地のあぜのイボクサが咲いていました。よく草刈りする場所なので背が低く、後ろ側に青い筋が入っているものもありました。
  
 
金子
 
9月27日
火曜日 
 
大野町4丁目
 
ツユクサ
 
いつも白花が見られる場所で、今年も咲いていました。真っ白の花もありますが、後ろ側に青い筋が入っているものもありました。
  
 
金子
 
9月27日
火曜日 
 
市営霊園
 
ツリガネニンジン
 
草が刈り残された場所で、花を咲かせていました。夏に一度刈られた分、背が高くなりすぎず、しっかり立って花をつけていました。
  
 
金子
 
9月27日
火曜日 
 
市営霊園
 
センボンヤリ
 
市内ではあまり見られないセンボンヤリが少しまとまっている一角があります。春には白い花が咲いていました。今回は秋の閉鎖花がまっすぐに立っていました。
  
 
金子
 
9月27日
火曜日 
 
市営霊園
 
イチョウ
 
イチョウの枝に黄色く色づいたギンナンが鈴なりでした。台風の強風で落ちた実が、下にもいっぱいありました。
  
 
金子
 
10月1日
土曜日 
 
長田谷津
 
アサギマダラ
 
大町門下のフジバカマに来ていました。1頭だけでしたが、じっくりと花の蜜を吸っていました。
  
 
金子
 
10月1日
土曜日 
 
長田谷津
 
アオサギ
 
谷津の上空をゆうぜんと飛んでいました。カラスも賑やかな日でしたが、あまりにも違う大きさでした。
  
 
金子
 
10月1日
土曜日 
 
長田谷津
 
ミゾソバ
 
開花が進んで、あちこちに見事な群生がありました。アキノウナギツカミやボントクタデもきれいで、ツユクサも一面の青と緑の風景を作り出していました。
  
 
金子
 
10月1日
土曜日 
 
長田谷津
 
ハリギリ
 
つぼみが、たくさん出ていました。よく咲く高い木のほか、園路に傾いた木にもつぼみがあって、たいぶ近くで見られました。開いた花にはスズメバチなどが蜜を求めて来ていました。
  
 
金子
 
10月1日
土曜日 
 
長田谷津
 
カブトムシ
 
枯れ草や落ち葉をためて場所で表面を少しどかすと、大きな幼虫が見つかりました。大小に差はありますが、何匹もいて、あわてて潜っていきました。
  
 
金子
 
10月1日
土曜日 
 
長田谷津
 
エンマコオロギ
 
あちこちできれいな声が聞こえました。カネタタキやササキリ類、オカメコオロギ類、アオマツムシなども鳴いていましたが、声量と美声では比類なき存在です。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る