自然観察週報

 2011年10月9日から2011年10月15日


〇気象のようす

 

10日の体育の日は、しっかり晴れました。
朝晩雨が降っても、日中は天気が回復します。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
10月10日
月曜日 
 
大町
 
モズ
 
夕方、誰もいなくなった動物園に、モズの高鳴きの声がよく響いていました。
  
 
宮橋
 
10月11日
火曜日 
 
国分寺
 
イチョウ
 
大きなイチョウの南側半分の葉が茶色くなっていました。ここにきて台風の南風が運んだ塩水の被害があちこちで目に付くようになりました。
  
 
金子
 
10月11日
火曜日 
 
国分
 
ナズナ
 
畑が広がる中の小道では、ナズナが咲いていました。畑は何度も耕されるので、その端っこでは春の野草が秋に咲くことが結構あります。
  
 
金子
 
10月13日
木曜日 
 
長田谷津
 
ハリギリ
 
先週から咲き出したハリギリは、雄しべが落ちて雌しべが伸びる段階になりました。雄しべが伸びているときは白くてフワフワした感じの花ですが、雌しべの時期は若い実のように見えます。でも、蜜は出ているので、ハチがいっぱい来ていました。
  
 
金子
 
10月14日
金曜日 
 
長田谷津
 
ヤマガラ
 
ヤマガラが斜面のエゴノキと、対岸の斜面林を何度も行き来していました。大好物のエゴノキの実を貯える時期です。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る