自然観察週報

 2011年11月6日から2011年11月12日


〇気象のようす

 

わりと暖かい日が続きました。
お天気にも、比較的めぐまれました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
11月6日
日曜日 
 
長田谷津
 
ウラギンシジミ
 
ガマズミの葉の裏に、しっかり翅を閉じたウラギンシジミが3頭いました。越冬態勢に入ったようにも見えましたが、暖かいのですぐに移動してしまいそうにも見えました。いずれにしても落葉樹なので移動することになります。
  
 
金子
 
11月6日
日曜日 
 
長田谷津
 
キバナアキギリ
 
もみじ山の開放を前にして、もみじ山で目立つ木などに名札をつけました。ホオノキやウワミズザクラに札をつけて歩いていたら、モミジの根元にキバナアキギリがありました。根元だったので刈り払い機の刃から逃れたようです。花は落ちていましたが、萼と葉で判別がつきました。長田谷津では久しぶりなので増えるといいですね。
  
 
金子
 
11月6日
日曜日 
 
長田谷津
 
サルトリイバラ
 
園路沿いで、赤い実がたくさんついている株がありました。この時期、シロダモやサルトリイバラ、ノイバラ、カラスウリの赤い実はよく目立ちます。
  
 
金子
 
11月12日
土曜日 
 
大町
 
ジョウビタキ
 
農道沿いの斜面林から、カチカチという音が聞こえてきました。そのうち、ヒッヒッという声がして、メスのジョウビタキの姿が見えました。
  
 
金子
 
11月12日
土曜日 
 
大町
 
カマツカ
 
赤い実がみごとでした。ちょうど秋の陽が斜めに差し込んで、透明感のある実と色づき始めた葉がきれいに見えました。
  
 
金子
 
11月12日
土曜日 
 
大町
 
オナガ
 
数十羽のオナガの群れがいました。たわわに実ったピラカンサが目当てのようで、藪に隠れながら、数羽ずつ、飛んで行っては戻り、を繰り返していました。
  
 
金子
 
11月12日
土曜日 
 
ふれあい農園
 
ミズワラビ
 
稲刈りが終わった後のふれあい農園で野草を探しました。数年ぶりに復活したミズワラビに出会うことができました。同じ田にはキクモも群生していました。別の田ではスズメノトウガラシが盛りでした。
  
 
金子
 
11月12日
土曜日 
 
ふれあい農園
 
タシギ
 
稲刈りが終わった田んぼに足を踏み入れると、突然タシギが飛び立ちました。2羽いました。
  
 
金子
 
11月12日
土曜日 
 
市営霊園
 
ノコンギク
 
霊園の中の野草の多い一角で咲いていました。花を分解して、花時から長い冠毛があることを確認しました。
  
 
金子
 
11月12日
土曜日 
 
市営霊園
 
ホコリタケ
 
春にフデリンドウが咲く明るい土手のあちこちで可愛らしいホコリタケが見られました。
  
 
金子
 
11月12日
土曜日 
 
市営霊園
 
メリケンカルカヤ
 
春にブタナが群生していたような土手にメリケンカルカヤが群生していました。茶色く枯れた群落は日差しを浴びるときれいに見えます。
  
 
金子
 
11月12日
土曜日 
 
市営霊園
 
モンキチョウ
 
黄色と白のオスとメスが、くるくるとお互いに回りながら飛んでいました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る