自然観察週報

 2011年11月13日から2011年11月19日


〇気象のようす

 

週末に激しい雨と風がありました。雷も鳴りました。
11月としては暖かい感じです。紅葉も遅れ気味です。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
11月15日
火曜日 
 
長田谷津
 
アオジ
 
小学校の生徒を案内してエコアップ池を使った今年最後の野外観察体験を行なっていました。子どもたちで賑やかなエコアップ池と中央水路をはさんだ茂みに、アオジの姿を見つけました。子どもたちが気がつかないので、鳥たちも気にせず草の実をせっせとついばんでいました。
  
 
宮橋
 
11月18日
金曜日 
 
長田谷津
 
ツグミ類
 
斜面林から、春以来半年ぶりの鳴き声が聞こえてきました。残念ながら姿は見られませんでしたが、同じ日に近くの小学校から、窓にツグミが衝突したと連絡をもらいました。北から移動してくる冬鳥が増えてきています。
  
 
宮橋
 
11月18日
金曜日 
 
長田谷津
 
クサガメ
 
谷津の最奥の池で水の中をゆっくりと歩いては、時々水面から顔を出していました。朝の気温が10度以下になるようになりましたから、そろそろ冬眠に入るでしょう。
  
 
宮橋
 
11月18日
金曜日 
 
中山
 
ツルウメモドキ
 
大きなツルウメモドキのつるがあります。子どもがブランコにできるほどで、樹齢もそれなりの感じです。ちょうど実がなっていて、黄色い皮と朱色のタネの対比がきれいでした。
  
 
金子
 
11月18日
金曜日 
 
中山
 
ヒヨドリジョウゴ
 
真っ赤な実がついていました。葉っぱもまだ元気で、緑色と赤色の組み合わせが目立ちました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る