自然観察週報

 2012年1月22日から2012年1月28日


〇気象のようす

 

23日夜から雪が降り始め、翌朝には雪景色になりました。
積雪量は多くありませんでしたが、氷のような雪質で路面が凍結しました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
1月22日
日曜日 
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
年が明けてから1度も雨がなく、新年はじめての雨が2日続けて降りました。アカガエルの産卵の様子を見に行くと、6個の卵塊が見つかりました。次の雨では、たくさん産みそうです。
  
 
金子
 
1月22日
日曜日 
 
長田谷津
 
ハンノキ
 
例年、暦の大寒から立春にかけて咲きだします。今年も、どの木も花穂が伸びていて、1本では咲き始めていました。
  
 
金子
 
1月22日
日曜日 
 
長田谷津
 
ニワトコ
 
まだまだ冬のさびしい風景ですが、ニワトコでは大きな芽が膨らんでいました。褐色の枝に緑色の大きな芽が並んでいて、かわいらしく見えました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る