自然観察週報

 2012年2月19日から2012年2月25日


〇気象のようす

 

少し春めいた日が続きました。
今年は寒い日が続いたので、かなり暖かく感じました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
2月22日
水曜日 
 
長田谷津
 
フクロウ
 
午後3時ごろ、ひと声だけですがフクロウの声が聞こえました。例年、この時期にはあることです。繁殖シーズンの開始かもしれません。
  
 
金子
 
2月22日
水曜日 
 
長田谷津
 
フキ
 
寒かったので遅れ気味でしたが、ようやく、ふきのとうが顔を出しました。取らなければいいのですが。
  
 
金子
 
2月22日
水曜日 
 
長田谷津
 
ウシガエル
 
水辺をのぞきこんでアカガエルの卵を数えていたら、水底の泥から体半分水中に出した大きなウシガエルがいました。白い瞬膜を閉じていたので、まるで白目をみているようでした。少し近づくと、水底の泥の中に潜ってしまいました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る