自然観察週報

 2012年3月25日から2012年3月31日


〇気象のようす

 

3月31日は、風速20メートルを越す突風が吹き荒れました。記録になりませんが実質的な春一番でした。
にわかに曇り激しい雨が降りましたが、ヒョウにはなりませんでした。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
3月26日
日曜日 
 
長田谷津
 
ミズバショウ
 
きれいに咲きだしました。もともとの自生地ではないので花は小さく、株もなかなか増えません。それでも毎春、楽しみにしてくれている人がいます。
  
 
金子
 
3月26日
日曜日 
 
長田谷津
 
ルリタテハ
 
風のない暖かな日。やわらかな日差しに誘われるように飛び出しました。キタテハも飛び、ナナホシテントウの姿もありました。
  
 
金子
 
3月26日
月曜日 
 
大柏橋
 
ツバメ
 
よく晴れて冷え込んできた夕方、信号待ちをしていたら川の上を飛ぶ2羽の姿が見えました。くるりと飛んでは電線に止まるのを繰り返していました。窓の外には、弱弱しく飛ぶユスリカも数匹見えました。
  
 
宮橋
 
3月27日
火曜日 
 
柏井雑木林
 
ツチイナゴ
 
ヒキガエルの産卵調査で斜面ぎわを歩きました。枯草の茂みから、ツチイナゴがつぎつぎに飛び出しました。
  
 
金子
 
3月27日
火曜日 
 
柏井雑木林
 
ヤマアイ
 
キャンプ場のそばの池のほとりに群生するみずみずしい草を見つけました。小さなつぼみと花もたくさんありました。調べたらヤマアイという野草でした。名前のとおり染料になる草ですが、藍色には染まらないそうです。部分的に群生しているようすと、過去の植物のようすを考え合わせると、人の手で持ち込まれたものかもしれません。
  
 
金子
 
3月27日
火曜日 
 
大町
 
ウラシマソウ
 
大町地区の一角にある雑木林に入りました。冬枯れの景色の中でウラシマソウ(マムシグサ?)のオレンジ色の実が目を引きました。
  
 
金子
 
3月27日
火曜日 
 
大野調整池
 
キタテハ
 
谷津の谷底に作られたまとまった面積の調節池です。ちょうどキタテハが飛んでいました。
  
 
金子
 
3月29日
木曜日 
 
じゅん菜池公園
 
フラサバソウ
 
オオイヌノフグリに似た帰化植物です。今年は船橋でも見ましたし、あちこちで出ているのでしょうか?
  
 
金子
 
3月30日
金曜日 
 
江戸川放水路
 
ハジロコチドリ
 
どんよりとした曇り空で、干潟も暗い感じでした。声がしたので双眼鏡でのぞくと、ハジロコチドリ2羽のかわいらしい姿が飛び込んできました。
  
 
金子
 
3月30日
金曜日 
 
江戸川放水路
 
オオバン
 
行徳橋の下流側、海水のエリアで6羽見ました。どちらかというと橋の上流側の淡水エリアで見かけることの多い鳥です。
  
 
金子
 
3月30日
金曜日 
 
江戸川放水路
 
メジロ
 
東西線の鉄橋のたもとのカワヅザクラが満開でした。散歩に来ている人が、みなさん見上げていました。メジロのにぎやかな声が聞こえてきました。
  
 
金子
 
3月30日
金曜日 
 
江戸川放水路
 
タマキビガイ
 
干潟の生き物がようやく動き出しました。潮が引いた干潟の砂地にはコメツキガニの砂団子が並び始めていました。泥の上にはタマキビガイの這いあとが、幾筋もついていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る