自然観察週報

 2012年4月22日から2012年4月28日


〇気象のようす

 

暖かさが実感でき、ほっとした気分になれました。
春の陽気のなかに、すでに初夏の気配が漂いはじめました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
4月22日
日曜日 
 
坂川旧河口
 
マツバウンラン
 
新しく土を入れた土手に、紫色の花の群落がありました。駆け降りて確認すると、マツバウンランでした。土といっしょにタネが運ばれてきたようです。
  
 
金子
 
4月22日
日曜日 
 
坂川旧河口
 
カワセミ
 
木々の緑に覆われた水路から、カワセミの鋭い声が何度も聞こえてきました。カメラを据えて待ち構える方もいたので、もしかしたら繁殖しようとしているのかもしれません。
  
 
金子
 
4月22日
日曜日 
 
里見公園
 
タブノキ
 
タブノキの赤い冬芽が割れて若葉が伸び出しました。たくさんのつぼみも顔をのぞかせていたので、来週くらいには咲きそうです。
  
 
金子
 
4月25日
水曜日 
 
長田谷津
 
シオヤトンボ
 
ずいぶん姿が見られました。コンクリートの園路にとまり、近づくと飛び立ちます。数が多いので、間近で見る機会も多いです。
  
 
金子
 
4月25日
水曜日 
 
長田谷津
 
ヒキガエル
 
おたまじゃくしが元気に泳いでいます。産卵の時は少ないかな?と思いましたが、泳ぎだしてみると結構います。
  
 
金子
 
4月27日
金曜日 
 
長田谷津
 
シラカシ
 
シラカシの葉がずいぶん落ちていました。シラカシやアカガシ、クスノキなどは、この季節にどさっと葉を落とし、新しい葉を伸ばして花を咲かせます。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る