自然観察週報

 2012年10月7日から2012年10月13日


〇気象のようす

 

さわやかな日差しになり、朝晩は寒いくらいです。
長袖を羽織る人が増え、暖房器具の準備が頭に浮かびます。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
10月7日
日曜日 
 
長田谷津
 
アカゲラ
 
前日から、キョキョキョというアカゲラかアオゲラと思われる声が聞こえていました。この日も声がしたと思ったら、うまい具合に谷を渡ってくれました。アカゲラでした。
  
 
金子
 
10月8日
月曜日 
 
柏井町
大野町4丁目
大町
 
セイタカアワダチソウ
 
数日前までつぼみが色づいている程度であったものが、各地で一斉に咲きだしました。遠目から見ても黄色い花序が目立ちます。外来植物として1970年代には、全国的に急激に分布が増えて「在来植物を消滅させる」とまで問題視されましたが、今ではすっかり地域の自然環境に溶け込んで「秋らしさ」を感じる植物になりました。
  
 
須藤
 
10月10日
水曜日 
 
大町
 
クツワムシ
 
ここ数日はコオロギの鳴き声が目立ち、クツワムシの鳴き声はだいぶ聞こえなくなって、もう今年は終わりと考えていました。この日、夕刻に暗くなった夜道を歩いていると、梨農家の生垣や屋敷林の周りからガチャガチャと賑やかな声が響いてきました。もう少し頑張るようです。
  
 
須藤
 
10月11日
木曜日 
 
江戸川放水路
 
アシハラガニ
 
トビハゼの調査で干潟を歩きました。今年生まれの小さなトビハゼが目立ちました。アシ原の中には白いはさみが鮮やかなアシハラガニが群れていました。もう少し陸側ではクロベンケイガニがガサガサと動きまわっていました。
  
 
金子
 
10月11日
木曜日 
 
江戸川放水路
 
ダイサギ
 
干潟に白いサギの姿がいくつもありました。ダイサギが多く、少しコサギも混じっていました。群れているボラの子を狙っているのでしょうか?
  
 
金子
 
10月12日
金曜日 
 
長田谷津
 
アキアカネ
 
アキアカネの姿が目立つようになりました。ちょうど日差しが斜めになる時期なので、光を透かした姿がきれいでした。
  
 
金子
 
10月12日
金曜日 
 
長田谷津
 
アオダイショウ
 
小学生と園路を歩いていたら、「ヘビだ!」と声が上がりました。小ぶりのアオダイショウだったので、つかまえて間近で観察しました。
  
 
金子
 
10月12日
金曜日 
 
長田谷津
 
アサギマダラ
 
ヒヨドリバナが咲く斜面沿いの園路にきれいなアサギマダラが来ていました。秋が深まって、いろいろなチョウが目立つようになりました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る