自然観察週報

 2012年11月11日から2012年11月17日


〇気象のようす

 

風のない、おだやかな日が続きました。
先週に続き、1日だけ大雨の日があり、冷たい雨が強く降りました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
11月11日
日曜日 
 
じゅん菜池公園
 
エナガ
 
公園の入口、バス停の上の電線にエナガの群れが来ました。20羽ほどが電線に並んで止まり(間隔はバラバラですが)、賑やかに鳴いてはまた飛び立つ姿が可愛らしかったです。エナガも身近な存在になりました。
  
 
金子
 
11月11日
日曜日 
 
国分5丁目
 
コセンダングサ
 
台地の上に広がる畑の脇でコセンダングサが黄色く咲いていました。ほかにもセイタカアワダチソウやアレチマツヨイグサ、セイバンモロコシ(実)などが目立ちました。
  
 
金子
 
11月13日
火曜日 
 
大野町2丁目
 
スダジイ
 
台地の縁を取り巻く斜面林に大きなスダジイが何本も生えています。林のそばの道にはスダジイの実がたくさん落ちていました。時間がなくて拾えなかったことが残念です。
  
 
金子
 
11月13日
火曜日 
 
大野町2丁目
 
カラスザンショウ
 
台地の縁を取り巻く斜面林に、羽状複葉の目立つ木がありました。ムクロジ?、ハゼ?などとあれこれ考えましたが、赤い実や葉の様子からカラスザンショウのようでした。市内では珍しい樹木です。
  
 
金子
 
11月13日
火曜日 
 
大野町2丁目
 
ヒヨドリジョウゴ
 
斜面林の縁の明るい場所に、実をびっしりとつけたヒヨドリジョウゴがありました。赤くなった実は、秋の日差しのもとで艶々と見事な色合いでした。
  
 
金子
 
11月13日
火曜日 
 
うしろ谷津
(大野町2丁目)
 
サルトリイバラ
 
以前からメスの株があって楽しみにしている場所です。今年も赤く色づいた実が見られましたが、通りかかった人の話では、アケビなどの「ツルもの」が最近は根こそぎ持っていかれて、見られなくなったということです。市川のわずかな緑に大勢の人が毎年のように採集に行けば当然の結果ですね。
  
 
金子
 
11月13日
火曜日 
 
うしろ谷津
(大野町2丁目)
 
モズ
 
姿も声も確認できませんでしたが、「はやにえ」がありました。以前は有刺鉄線にカマキリやバッタがいくつも刺さっていましたが、このときはコバネイナゴやオンブバッタが少しあるだけでした。
  
 
金子
 
11月15日
木曜日 
 
江戸川放水路
 
アイサ類
 
放水路に入ってきたスズガモの群れを写真に撮ってパソコンで拡大してみたら、アイサ類が1羽混じっていました。ユリカモメも姿を見せました。
  
 
金子
 
11月15日
木曜日 
 
江戸川放水路
 
モズ
 
河川敷のエノキにモズが飛んで来て止まりました。近づくとアシ原のなかに飛び込みました。スズメたちが大慌てでアシ原から飛び立ちました。
  
 
金子
 
11月16日
金曜日 
 
長田谷津
 
ヒガラ
 
自然観察に来た子どもたちにバードウォッチャーが一緒になって、鳥を探してくれました。ハンノキ林で粘っていたら、カラ類の群れが来ました。その中に、ネクタイの無いヒガラが混じっていました。自然観察園では数年ぶりの記録です。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る