自然観察週報

 2012年12月2日から2012年12月8日


〇気象のようす

 

真冬の身支度の人が多くなりました。
晴天の日が多くなってきました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
12月5日
水曜日 
 
大野町3丁目
 
猛禽類
 
梨風苑の谷底から、台地の木々の梢ぎりぎりを飛んでゆく姿が見えました。種類は分かりません。住宅が増えてきた地域です。カラスが警戒している様子は無く、上手に見つからないようにしていたようです。
  
 
宮橋
 
12月6日
木曜日 
 
自然博物館
 
イロハモミジ
 
自然博物館のまわりのイロハモミジが色づきました。谷の地形ということもあって日当たりや冷気のたまり方など、場所によって違っています。そのためモミジの紅葉も早いところと遅いところとでは1ヵ月もずれてしまいます。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る