自然観察週報

 2013年1月6日から2013年1月12日


〇気象のようす

 

この冬は寒いねと、多くの人が口にします。
寒さが本格的になり、立派な霜柱が立ちました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
1月10日
木曜日 
 
大町
 
ルリビタキ
 
スダジイが連なる大きな農家の屋敷林の藪から雄のルリビタキが鳴きながら飛び出してきました。珍しく藪際の小道を低く飛ぶ様子を見ることができ、体の上面の綺麗な瑠璃色が目立って印象的でした。小道をはさんだ藪の対面の梨畑の縁にジョウビタキのメスが止まっており、ルリビタキはどうやら餌縄張りへの侵入を警戒しているようでした。
  
 
須藤

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る