自然観察週報

 2013年1月27日から2013年2月2日


〇気象のようす

 

日脚が伸び、光の具合も春らしくなってきました。
いわゆる光の春の到来ですが、朝は相変わらず霜が降りていました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
1月27日
日曜日 
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
卵塊が2つありました。産みたてという感じではなく数日経過しているみたいでした。数日前に雨が降ったので、その時の産卵と思われます。
  
 
金子
 
1月29日
火曜日 
 
長田谷津
 
アカゲラ
 
背の低い落葉樹の幹を登っていました。よく晴れた青空を背景に、白・黒・赤の姿がきれいに見えました。
  
 
金子
 
1月29日
火曜日 
 
長田谷津
 
クレソン
 
湧き水が流れる水路を中心に、青々とした葉が茂りだしました。いつも2月には水路を覆いつくしてしまうので、早めに除去するようにしています。もちろん少しは残しておいて、花や虫を観察できるようにもしています。
  
 
金子
 
1月31日
木曜日 
 
広尾
 
マメグンバイナズナ
 
堤防の隙間から点々と生えて花を咲かせていました。いわゆるど根性花です。ひょろりと伸びたホトケノザも花を咲かせていました。
  
 
宮橋
 
1月31日
木曜日 
 
旧江戸川
 
ヒドリガモ
 
穏やかな水辺に、カモ類やカモメ類、カワウがのんびり浮かんでいました。時々通る船の波でヒドリガモは飛びたちましたが、カモメは気にならないようでした。
  
 
宮橋
 
2月1日
金曜日 
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
湿地の草刈りをしていたら、枯草を刈った後からおなかが大きなアカガエルが出てきて、草の下へ移動しました。3匹見ました。別の場所では声を聞きました。雨の予報が出ているので、産卵に期待です。
  
 
金子
 
2月2日
土曜日 
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
夜中から朝にかけて雨が降りました。その後、南風が吹いて生暖かい午前中に自然観察園をひと回りしたら、例年よく産卵する場所に総じてアカガエルの卵塊がいくつもありました。絶好の産卵日和だったようです。
  
 
金子
 
2月2日
土曜日 
 
長田谷津
 
ダイサギ
 
アカガエルの卵塊があった水辺で、何かをくわえて飲み込もうとしていました。双眼鏡で確認した人の話ではアカガエルが餌食になったようです。証拠写真も撮りました。
  
 
金子
 
2月2日
土曜日 
 
長田谷津
 
ウラギンシジミ
 
今冬はなかなか見つかりませんでしたが、園路そばのシラカシで越冬していました。いままで気がつかなかったことが不思議です。
  
 
金子
 
2月2日
土曜日 
 
長田谷津
 
ヒガラ
 
散策会の皆さんと、小鳥の群れが良く見られました。ヒガラはハンノキの真下から眺め、シジュウカラには園路の周りを囲まれました。エナガの群れにも遭遇し、双眼鏡無しで楽しみました。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る