自然観察週報

 2013年3月3日から2013年3月9日


〇気象のようす

 

春一番を吹かせた低気圧は、急速に発達して「爆弾低気圧」になりました。。
市内では強い北風が吹き、北海道では痛ましい災害につながりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
3月3日
日曜日 
 
長田谷津
 
キクイイタダキ
 
園内には小鳥が多く、樹上のエサが減った関係か、低い枝や地上でよく姿が見られました。キクイタダキも低い枝まで下りてきて、愛らしい姿がバッチリ見られました。
  
 
金子
 
3月7日
木曜日 
 
江戸川放水路
 
ヤムシ
 
水辺でしばらく眺めていたら、いろいろと動くものが見えました。長さ2センチメートル足らずの透明で細長い生物はヤムシでしょうか?水面を忙しそうに泳ぐのはコツブムシの仲間かもしれませんが、よくわかりません。ヨコエビの仲間もいました。名前はともかく、小さな生き物が動き出した水辺に春を感じた気分になりました。
  
 
金子
 
3月7日
木曜日 
 
江戸川放水路
 
オオバン
可動堰の下流側、つまり海側にオオバンが数羽いました。物陰でしゃがんでいたらいつのまにか近くまで来ていて、突然立ち上がったため驚かせてしまいました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る