自然観察週報

 2013年3月10日から2013年3月16日


〇気象のようす

 

3月10日は強い北風が吹き、土ぼこりが舞い上げられて一面煙ってしまいました。
「煙霧」という現象で、2008年にも春一番から風向きが変わって同じ現象が起きました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
3月10日
日曜日 
 
真間4丁目
 
マメヅタ
 
木内ギャラリーへ上がる切通しの壁のマメヅタを観察しました。シダの仲間なので花は咲かず、代わりの胞子葉を伸ばしていました。下から見上げる場所なので、胞子もよく見えました。
  
 
金子
 
3月10日
日曜日 
 
坂川旧河口
 
キタテハ
 
暖かい日、河川敷ではキタテハが飛んでいました。ようやくの春到来が実感できました。
  
 
金子
 
3月10日
日曜日 
 
国府台2丁目
 
フラサバソウ
 
オオイヌノフグリに似た野草です。出会う機会は少ないのですが、最近は少し目立つようになりました。ふつうは青い花ですが、この日は白花がありました。
  
 
金子
 
3月10日
日曜日 
 
江戸川
 
ヒバリ
 
やや南風が吹く江戸川土手で、ヒバリのさえずりを聞きました。土手の斜面に緑色が目立ちはじめました。
  
 
金子
 
3月12日
火曜日 
 
妙典2丁目
 
カワヅザクラ
 
東西線からピンクの花がきれいに見えました。江戸川放水路の堤防上の広場に植えられたカワヅザクラが、ようやく見ごろになりました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る