自然観察週報

 2013年4月28日から2013年5月4日


〇気象のようす

 

大型連休は好天に恵まれました。
谷間の平日が、雨降りになりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
4月28日
日曜日 
 
長田谷津
 
キショウブ
 
中央水路沿いや園路沿いで咲き始めました。春の花がひと段落するころに咲くので、公園の彩りとして欠かせない存在です。ただ、地下茎が伸びて水路の流れを妨げてしまうので適度に刈取りが必要です。
  
 
金子
 
4月28日
日曜日 
 
長田谷津
 
ツバメ
 
斜面の緑にはさまれた青空を、白いおなかのツバメがすいすい飛んでいました。これからヒナがかえると、餌取も忙しくなるでしょう。
  
 
金子
 
5月3日
金曜日 
 
長田谷津
 
コオイムシ
 
展示用に卵を背負っているコオイムシを探しました。クレソンが茂るような浅い水路の泥にまぎれて隠れていました。
  
 
金子
 
5月4日
土曜日 
 
長田谷津
 
フジ
 
過去に例のないほどの花数と色の濃さが、多くの来園者のかたの目を引き付けていました。咲き始めは例年より早かったのですが、大型連休まで花はいい状態で咲き続けてくれました。
  
 
金子
 
5月4日
土曜日 
 
長田谷津
 
ハクウンボク
 
自然観察園の北側、大町門の近くに植えてあるハクウンボクがちょうど満開でした。白い花が房状に連なって咲き、その房がいくつも下がっていました。豪華な印象でした。
  
 
金子
 
5月4日
土曜日 
 
長田谷津
 
アオダイショウ
 
散策会で歩いていたら、クレソンの茂みをのそりと動くものがありました。引っ張り出してみると、1.5メートルはあるアオダイショウでした。皮膚がつやつやしていて、皆さん恐る恐る触っていました。
  
 
金子
 
5月4日
土曜日 
 
長田谷津
 
ハナイカダ
 
ちょうど満開でした。見られたのは雌株で、葉っぱの上に小さな花がひとつずつ、ちょこんと咲いていました。
  
 
金子
 
5月4日
土曜日 
 
長田谷津
 
シオヤトンボ
 
シオヤトンボが盛りを迎えました。園路のいたるところに止まって翅を広げていました。水辺ではそろそろ産卵しそうなシオヤトンボもいました。
  
 
金子
 
5月4日
土曜日 
 
長田谷津
 
ナナフシ
 
小さなナナフシがコナラの若葉にとまっていました。湿地ではコバネイナゴの小さな若虫もたくさん見られました。
いよいよ虫が動き始めたようです。   
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る