自然観察週報

 2013年6月2日から2013年6月8日


〇気象のようす

 

梅雨入りはしたものの、雨が降らず曇りや晴天の日が続きました。
夏を思わせる日差しと暑さですが、木陰は涼しくさわやかでした。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
6月2日
日曜日 
 
長田谷津
 
ゴウソ
 
草がぐんぐん伸びる湿地で、ゴウソの花がぶら下がって咲いていました。この日は見つかりませんでしたが、オニスゲなども咲きだすと思います。
  
 
金子
 
6月2日
日曜日 
 
長田谷津
 
ヤマグワ
 
今年は、園内のヤマグワが豊作です。何株かしかないのですが、ずらっと実がついていて、紫に熟した実がいくつも見られました。
  
 
金子
 
6月2日
日曜日 
 
長田谷津
 
ミドリシジミ
 
羽化がはじまったようです。鮮やかな緑色をした成虫が葉っぱにとまっていました。ついこのあいだまで、カメラを手にした人たちはうえばかり見ていましたが、今は足元ばかり見ていて、その変化が面白いです。
  
 
金子
 
6月4日
火曜日 
 
長田谷津
 
ニホンカナヘビ
 
梅雨入りしたとは思えない晴天の日、園路の上をカナヘビがチョロチョロと走りまわっていました。これから産卵の時期を迎えます。
  
 
金子
 
6月4日
火曜日 
 
長田谷津
 
サワガニ
 
湧水の水路で落ち葉をどかすと、小さなサワガニが何匹か見つかりました。去年の秋に生まれた子どものようでした。
  
 
金子
 
6月4日
火曜日 
 
長田谷津
 
イヌスギナ
 
イヌスギナはつくりんぼを作らず、スギナの葉っぱの上端につくしの頭だけがちょこんと乗っています。ちょっと不思議でかわいい姿なので、つい探してしまいます。
  
 
金子
 
6月4日
火曜日 
 
長田谷津
 
ヨモギ
 
小学生の自然観察に同行しました。ビンゴカードの「いいにおいのもの」でヨモギを紹介したら、さわやかという子ばかりでなく、嫌いという子がいてびっくりしました。
  
 
金子
 
6月4日
火曜日 
 
長田谷津
 
シロスジカミキリ
 
長田谷津では、とても久しぶりに見ました。生きているので、白い模様は黄色く見えました。ただ、園路のそばの見つけやすい場所なので、誰かが放したかな?という気もします。複数見つかればいいのですが。
  
 
金子
 
6月5日
水曜日 
 
大町
 
オオミズアオ
 
梨畑と雑木林の間を抜ける小道を夕方歩いていたら、羽化したばかりと見えるオオミズアオが翅を広げていました。大きな蛾ですが、青白い翅の美しさは印象的です。
  
 
須藤
 
6月6日
木曜日 
 
動物園内
 
アカシジミ
 
動物園一帯の林では、毎年アカシジミが見られます。この日は、閉園後の静かな園内をヒラヒラと飛んでいました。ふつうは、斜面の木々のてっぺん付近を飛ぶ姿が見られます。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る