自然観察週報

 2013年6月23日から2013年6月29日


〇気象のようす

 

6月26日には、突然激しい雨が1時間ほど降り続きました。船橋アメダスの記録では時間雨量に換算して、時間39.5ミリメートルの降雨記録となり、実際、街のあちこちで道路が冠水したようでした。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
6月23日
日曜日 
 
江戸川放水路
 
トビハゼ
 
博物館の行事で江戸川放水路を散策しました。遊船の桟橋に入れてもらうと、上からトビハゼの跳ねる姿がよく見えました。
  
 
金子
 
6月25日
火曜日 
 
市営霊園
 
イチヤクソウ
 
イチヤクソウが自生する斜面林に行きました。少し時期が遅かったのですが、何輪か咲き残っていました。シャクジョウソウも2株、見つかりました。
  
 
金子
 
6月25日
火曜日 
 
長田谷津
 
ヒョウモンチョウ類
 
ノブドウの花にヒョウモンチョウ類が何匹か来ていました。ツマグロヒョウモンとは違う姿でした。オオウラギンスジヒョウモンらしいと、写真を撮影した人から聞きましたが、標本はないので「らしい」にとどめておきます。
  
 
金子
 
6月25日
火曜日 
 
長田谷津
 
オニヤンマ
 
草に止まって羽化しているオニヤンマを、観察している人に教えてもらいました。大勢が見ている前で、翅を震わせ、ぐるり見渡してからふわりと飛びたちました。
  
 
金子
 
6月28日
金曜日 
 
長田谷津
 
カブトムシ
 
夜の自然観察園を歩きました。クヌギの樹液が出ているポイントのそばでは、カブトムシがブーンと飛んでいました。
  
 
金子
 
6月28日
金曜日 
 
長田谷津
 
ヘイケボタル
 
ヘイケボタルは発生期間が長いのが特徴です。この日、湿地では数は少ないもののヘイケボタルの光を見ることができました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る