自然観察週報

 2013年7月28日から2013年8月3日


〇気象のようす

 

日中晴れても、朝晩は過ごしやすい気温の日が多くありました。雲も多く、夕立の日もありました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
7月28日
日曜日 
 
長田谷津
 
ヒグラシ
 
夕方にはよく鳴きますが、まだ羽化もしています。ホタル観賞の帰りに羽化に気づいて観察している人も結構いました。
  
 
金子
 
8月2日
金曜日 
 
中山
 
コガネムシ類
 
桜の木にコガネムシのなかまがたくさん群がっていました。枝に触るとぼとぼとと落ちてきました。
  
 
金子
 
8月2日
金曜日 
 
中山
 
カミキリムシ類
 
少し幹が傷んでいるクワの木を探したら、カミキリムシがいました。キボシカミキリのようでした。
  
 
金子
 
8月3日
土曜日
 
長田谷津
 
キツネノカミソリ
 
きれいに咲いていました。長田谷津には多くないのですが、いつも同じ場所でひとかたまり咲いています。管理のために草を刈る人もご存じで、必ず刈り残してくれます。
  
 
金子
 
8月3日
土曜日
 
長田谷津
 
ヌマトラノオ
 
湿地の旺盛な草の中から白い花が咲いていました。セリがよく目立つのですが、いつも咲く一角でヌマトラノオも咲き始めていました。
  
 
金子
 
8月3日
土曜日
 
長田谷津
 
ガガイモ
 
いろいろなツル草が旺盛に繁茂していました。ガガイモはちょうど花時を迎えていました。長田谷津のガガイモはどれも白っぽい花色です。
  
 
金子
 
8月3日
土曜日
 
長田谷津
 
オニヤンマ
 
産卵の時期になりました。オニヤンマを見やすいように園路に沿ってつくった水路をオスが繰り返し行き来し、メスは草の陰で卵を産んでいました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る