自然観察週報

 2013年8月4日から2013年8月10日


〇気象のようす

 

異常な猛暑に見舞われました。船橋アメダスでは連日最高気温が30度を越し、8月10日は37.6度になりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
8月4日
日曜日 
 
長田谷津
 
マツカサススキ
 
湿地の遷移が進んだせいか、大型のカヤツリグサは長田谷津ではあまり見られなくなりました。マツカサススキは、毎年数本が伸びて花を咲かせます。
  
 
金子
 
8月4日
日曜日 
 
長田谷津
 
ミソハギ
 
ちょうど見ごろになりました。お盆に飾る花なので、名前は知らなくても花に見覚えのあるお客さんは多いようでした。
  
 
金子
 
8月4日
日曜日 
 
長田谷津
 
カラスウリ
 
カラスウリの咲き終わった花が目につきました。ちょうど花時のようです。ホタル観賞の時間帯はきれいに咲いているのですが、気がつく人はあまり多くないようです。
  
 
金子
 
8月8日
木曜日
 
自然博物館
 
クマゼミ
 
自然博物館の建物のすぐ近くでクマゼミが鳴いていました。市内でも耳にすることが普通になりつつあります。
  
 
金子
 
8月8日
木曜日
 
堀之内貝塚
 
キツネノカミソリ
 
たくさん咲いていました。花が終わった株もあれば、ちょうどいい株、これから咲く株といろいろでした。
  
 
金子
 
8月8日
木曜日
 
堀之内貝塚
 
ツクツクボウシ
 
アブラゼミを中心に、ミンミンゼミやニイニイゼミの声が混じって一体化した林内で、ツクツクボウシの声を聞きました。
  
 
金子
 
8月8日
木曜日
 
堀之内貝塚
 
アオイトトンボ類
 
水気のない林内を飛んでいました。やがて枝に止まりましたが、少し高い場所だったので、オオアオイトトンボかアオイトトンボかはわかりませんでした。
  
 
金子
 
8月8日
木曜日
 
堀之内貝塚
 
ヤブラン
 
堀之内貝塚には、以前からヤブランが多く自生しています。あちこちの株で薄紫色の花を咲かせていました。キツネノカミソリとセットで楽しめました。
  
 
金子
 
8月8日
木曜日
 
いざなぎ神社(北国分)
 
ハリギリ
 
市の文化財に指定されているハリギリは青々とした葉を元気に茂らせていました。根元に立つと幹の太さが際立ち離れた場所から眺めると美しい樹形に目がいきました。
  
 
金子
 
8月9日
金曜日
 
長田谷津
 
クツワムシ
 
立秋を過ぎ、猛暑の風景の中にすこしずつ秋が顔を出し始めました。ホタル観賞会では、あちこちからクツワムシの声が聞こえてきました。
  
 
金子
 
8月10日
土曜日
 
長田谷津
 
オニヤンマ
 
オスとメスがつながって飛ぶ姿が見られました。さらにもう1匹のオスが加わって争う様子も見られました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る