自然観察週報

 2013年10月13日から2013年10月19日


〇気象のようす

 

この週も台風が来ました(台風26号)。今回は大型で強く、16日早朝に関東の沖合いを通過しました。強風と大雨で市内でも道路冠水や家屋の浸水、樹木の倒壊などが起こり、大柏川第一調節池にたっぷり水が入りました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
10月13日
日曜日 
 
動物園内
 
クヌギ
 
行事で「どんぐり拾い」をしました。動物園内の親水ゾーンにはクヌギが何本か生えている場所があり、その下に行くと丸い大きなどんぐりがいくつも落ちていました。
  
 
金子
 
10月13日
日曜日 
 
動物園内
 
コナラ
 
コナラのどんぐりも、たくさん落ちていました。コナラは時々不作の年がありますが、今年は豊作でした。
  
 
金子
 
10月13日
日曜日 
 
大町
 
カブトムシ
 
雑木林の落ち葉をめくり、その下の土を掘り返すと、丸々と太ったカブトムシの幼虫が見つかりました。
  
 
金子
 
10月18日
金曜日 
 
江戸川放水路
 
コアマモ
 
潮の引いた干潟を歩いていたら、コアマモが少し見つかりました。三番瀬の方では植えているようなので、その一部が流れ着いて根付いたのでしょうか?
  
 
金子
 
10月18日
金曜日 
 
江戸川放水路
 
ハマシギ
 
干潟に野鳥の姿が目立ちました。水際を低空で飛ぶハマシギをはじめ、イソシギ、ダイサギ、アオサギ、ウミネコなどが見られました。
  
 
金子
 
10月18日
金曜日 
 
江戸川放水路
 
セイタカアワダチソウ
 
ちょうど見ごろとなりました。放水路では、堤防の水際にヨシの穂がならび、その外側にセイタカアワダチソウの黄花が咲いていました。
  
 
金子
 
10月18日
金曜日 
 
江戸川放水路
 
トビハゼ
 
夏に巣穴があった場所に行くと、4センチメートル前後のトビハゼがたくさんいました。今年生まれのものだと思います。近づくと近くの穴に隠れるのですが、今年生まれのトビハゼは、すぐに穴から出て動き出すので見やすいです。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る