自然観察週報

 2013年10月27日から2013年11月2日


〇気象のようす

 

素晴らしい秋晴れの日がありました。雨降りの日もありました。ようやく、秋らしい周期的な天気の移り変わりになりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
10月27日
日曜日 
 
長田谷津
 
イヌシデ
 
通過した台風の影響で風が強く、谷の斜面の木々は上の方が激しく揺れていました。谷に落ちてくるのは落ち葉ではなく、ほとんどイヌシデの実でした。くるくる回りながら、日差しを浴びて落ちる様子がきれいでした。
  
 
金子
10月27日
日曜日 
 
長田谷津
 
アブラゼミ
 
台風が通過して日差しが戻りました。少し暖かくなった日中、アブラゼミの声が聞こえました。。
  
 
金子
 
10月27日
日曜日 
 
長田谷津
 
イタドリ
 
谷の奥に生えるイタドリに、まだ実が残っていました。白くて半透明の実が、たくさんぶら下がっていました。
  
 
金子
 
10月29日
火曜日 
 
じゅん菜池公園
 
ヒドリガモ
 
公園の池には、北から渡ってきたカモ類がすがたを見せていました。ヒドリガモが多く、オナガガモがキンクロハジロのすがたも見られました。
  
 
金子
 
10月29日
火曜日 
 
じゅん菜池公園
 
ウグイス
 
斜面林を動いている影しかわかりませんでしたが、チャッチャッという地鳴きが響いてきました。
  
 
宮橋
 
10月29日
火曜日 
 
じゅん菜池公園
 
エナガ
 
中洲のエノキのこずえにエナガが単独で来ていました。虫を捕っているのでしょうか。根元の植込みの中からはメジロの声も聞こえてきました。
  
 
宮橋
 
10月29日
火曜日 
 
曽谷緑地
 
シロダモ
 
曽谷緑地の斜面林では、大きなシロダモが目立ちます。たくさん実がついていて、赤く色づきはじめていました。
  
 
金子
 
10月30日
水曜日 
 
長田谷津
 
アブラゼミ
 
雨の翌日、日が射しました。林からは3日前に続いて、アブラゼミの声が聞こえてきました。
  
 
金子
 
10月31日
木曜日 
 
長田谷津
 
ノブドウ
 
夏ごろから実はついていましたが、きれいに色づきませんでした。ここにきて、ようやく青や紫、ピンクなど、色とりどりの実が見られるようになりました。
  
 
金子
 
11月1日
金曜日 
 
長田谷津
 
カブトムシ
 
落ち葉がたまっている場所を掘り起こすと、まるまると太った幼虫が何匹もでてきました。今年は、昨年に引き続き成虫が多かったので、たくさん卵を産んだのでしょう。
  
 
金子
 
11月2日
土曜日 
 
長田谷津
 
コナラ
 
落ちていたどんぐりを拾うと、先端から白い根が見えていました。散策会の日だったので、参加者の方と「根っこどんぐり」を探すと、次々に見つかりました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る