自然観察週報

 2013年11月3日から2013年11月9日


〇気象のようす

 

11月8日に猛烈な勢力の台風30号がフィリピンを襲い、大変な被害になりました。市川は秋らしい周期的な天気の移り変わりでした。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
11月3日
日曜日 
 
長田谷津
 
ゴンズイ
 
もみじ山入口にある1本のゴンズイが、みごとに実をつけていました。林が明るく保たれているので、林内に生えているのに実が多いのだと思われます。ふつうは、斜面の縁などの明るい場所にある下部が、実を多くつけます。
  
 
金子
11月8日
金曜日 
 
大野町
 
ツリガネニンジン
 
市内では数少なくなったツリガネニンジンの自生地に行きました。今年も環境に大きな変化はなく、いつもどおり花を見ることができました。
  
 
金子
 
11月8日
金曜日 
 
大野町
 
ヤクシソウ
 
黄色いヤクシソウの花が、日当たりのいい土手で見られました。春に咲くブタナがそのそばで咲いていて、ちょっと奇妙な光景でした。
  
 
金子
 
11月9日
土曜日 
 
大町
 
ジョウビタキ
 
オスのジョウビタキが、農家の垣根の先端にとまり、尾羽を振りながらヒッヒッと鳴いていました。
  
 
須藤
 
11月9日
土曜日 
 
大町
 
アオジ
 
立冬を過ぎて枯草が目立ってきた草原でアオジの声が聞こえてきました。しばらく様子をみていたところ、姿を現しました。
  
 
須藤

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る