自然観察週報

 2013年12月1日から2013年12月7日


〇気象のようす

 

12月に入っても穏やかな日が続きました。紅葉見物には好適な気候でした。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
12月7日
土曜日 
 
長田谷津
 
ヤブコウジ
 
ヤブコウジの実が赤く色づいていました。斜面にある株は、下から見上げる形になるので、実がよく見えました。
  
 
金子
 
12月7日
土曜日 
 
長田谷津
 
ムラサキシキブ
 
葉がすっかり落ちて、紫色の実がよく目立ちました。株によっては黄色い葉が残っているものもあり、それはそれで黄色と紫のコントラストが素敵でした。
  
 
金子
 
12月7日
土曜日 
 
長田谷津
 
ハリギリ
 
大きな葉っぱが落ちて、それまで見えにくかった枝先があらわになりました。今年はよく花が咲いて、それが黒く熟してたくさんの実になっていました。
  
 
金子
 
12月7日
土曜日 
 
長田谷津
 
ヤツデ
 
ちょうど満開でした。近づいて見ると、おしべが目立つ雄性の時期の花と、おしべが落ちてめしべが開いている雌性の時期の花とがありました。
  
 
金子
 
12月7日
土曜日 
 
長田谷津
 
ウグイス
 
ハンノキ林のあたりでは、いろいろな小鳥の声が混じって聞こえました。斜面林のやぶからは、ウグイスの地鳴きの声が聞こえてきました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る