自然観察週報

 2014年7月27日から2014年8月2日


〇気象のようす

 

7月22日の梅雨明け以後、猛暑が続きました。夕立も少なく、カラカラ天気が続きました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
7月27日
日曜日 
 
長田谷津
 
カノツメソウ
 
久しぶりに花を見ました。株があっても草刈りされたり日当たりが悪かったりで、なかなか咲きませんでした。タケを伐って明るくした斜面で咲きました。
  
 
金子
 
8月2日
土曜日 
 
長田谷津
 
ハグロトンボ
 
湿地の枝に止まっていました。暗がりのなかで胴体だけが緑色に輝いて目を引きました。
  
 
金子
 
8月2日
土曜日 
 
長田谷津
 
ハグロトンボ
 
湿地の枝に止まっていました。暗がりのなかで胴体だけが緑色に輝いて目を引きました。
  
 
金子
 
8月2日
土曜日 
 
長田谷津
 
サシバ
 
斜面林のはるか上空を3羽が園を描くようにゆっくり飛んでいました。南への旅路についたのでしょうか?
  
 
金子
 
8月2日
土曜日 
 
長田谷津
 
ヤブミョウガ
 
タケを伐って明るくした斜面でヤブミョウガが白い花を咲かせていました。名前はミョウガですが、ツユクサ科に属します。
  
 
金子
 
8月2日
土曜日 
 
長田谷津
 
オニヤンマ
 
斜面裾の水路で産卵していました。暑い日が続いて活動が活発なせいか、今年はオニヤンマの姿がよく見られます。
  
 
金子
 
8月2日
土曜日 
 
長田谷津
 
キツネノカミソリ
 
斜面の一角に毎年咲く場所があります。ちょうど満開で見ごろでした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る