自然観察週報

 2014年8月17日から2014年8月23日


〇気象のようす

 

広島で豪雨があり、土砂崩れで大きな被害がありました。前線の位置からはずれた関東地方は、厳しい猛暑になりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
8月17日
火曜日 
 
長田谷津
 
モツゴ
 
飼育展示しているカワアナゴの餌用に、バラ園下流側の池でモツゴを取りました。「もんどり」と呼ばれる網に練り餌を入れて5分程度沈めておくと何匹か入ります。ほどなく20匹取れました。カワセミも、池のモツゴを餌にしています。
  
 
金子
 
8月17日
火曜日 
 
自然博物館周辺
 
クツワムシ
 
カブトムシがすっかり見えなくなり、代わりに夜の鳴く虫が元気になりました。例年どおり、クツワムシの声があちこちから聞こえてきました。
  
 
金子
 
8月23日
土曜日 
 
長田谷津
 
ツクツクボウシ
 
にぎやかなアブラゼミの声に混じってツクツクボウシの声が聞こえてきました。ヒグラシとミンミンゼミもまだ鳴いていますが、ニイニイゼミの声は聞かなくなりました。
  
 
金子
 
8月23日
土曜日 
 
長田谷津
 
ナツアカネ
 
真っ赤なオスの姿を見つけました。マイコアカネを見たよ、という話も聞きました。コノシメトンボの赤いオスにはまだ出会っていません。
  
 
金子
 
8月23日
土曜日 
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
通称エコアップ池はアカガエルが毎年産卵する場所です。6月頃は2センチメートル程度の子ガエルが目につきましたが、この日は5センチメートルくらいまで育ったカエルを見つけました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る