自然観察週報

 2014年9月7日から2014年9月13日


〇気象のようす

 

しっかりと雨が降り、その翌日はさわやかな秋晴れでした。陽射しがあっても木陰は過ごしやすい陽気です。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
9月12日
金曜日 
 
大町
 
ヒガンバナ
 
動物園の入口導入路脇の植栽や、周辺地域でヒガンバナが咲き始めました。
  
 
須藤
 
9月12日
金曜日 
 
長田谷津
 
ニオイタデ
 
珍しいニオイタデが咲いていました。園路から離れた場所だったので、触ればわかる「におい」はわかりませんでした。
  
 
金子
 
9月12日
金曜日 
 
長田谷津
 
タカサブロウ
 
ボランティアの方に手入れをお願いしている場所は、休耕田のような環境が保たれています。長田谷津では少なくなったタカサブロウがよく咲いていました。在来種か外来種かは気にしませんでした。
  
 
金子
 
9月12日
金曜日 
 
長田谷津
 
オオアオイトトンボ
 
ちょうど見られる季節です。何人かで歩いたので「見つけてね」とお願いしたら、しっかり見つかりました。翅をやや開いて草の茎にとまっていました。
  
 
金子
 
9月12日
金曜日 
 
長田谷津
 
ツリフネソウ
 
満開になりました。これまで見られた場所のいくつかは乾燥化してツル草に覆われてしまいましたが、ハンノキ林の下はちょうどいい環境で、見事な群落が見られました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る