自然観察週報

 2014年10月5日から2014年10月11日


〇気象のようす

 

10月6日に台風18号が関東を通過しました。各地で風雨が強く、市川市内でも避難勧告が出され避難所が開設されました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
10月7日
火曜日 
 
長田谷津
 
アズマヒキガエル
 
台風18号が通過し、エコアップ池は冠水したようです。流されてきたのか、いつもはいないヒキガエルが跳ねていました。
  
 
金子
 
10月7日
火曜日 
 
長田谷津
 
オオタカ
 
カケスやモズの声が聞こえ、季節の移ろいを感じます。この日はサシバではなく、オオタカが斜面林の上を飛んでいきました。
  
 
金子
 
10月8日
水曜日 
 
動物園内
 
クヌギ
 
台風が通過し、クヌギのどんぐりがたくさん落ちていました。大雨で流されて、ひとところにかたまっていました。
  
 
金子
 
10月9日
木曜日 
 
大町
 
スダジイ
 
農家の防風樹となっているスダジイの下で熟した実が目立つようになりました。前週までは、落ちているのは未熟な実ばかりでした。
  
 
須藤
 
10月9日
木曜日 
 
長田谷津
 
シロダモ
 
シロダモの実が早くも赤くなっていました。緑の実もまだ多く、12月に咲くつぼみもたくさん見られました。
  
 
金子
 
10月9日
木曜日 
 
長田谷津
 
シジュウカラ
 
シジュウカラがアシ原の中に入るようになりました。だんだん餌が少なくなってきます。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る