自然観察週報

 2014年10月12日から2014年10月18日


〇気象のようす

 

10月14日未明に台風19号が関東を通過しました。当初は強い勢力でしたが関東に来たころには弱まり、雨と風が強いものの大きな被害はありませんでした。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
10月12日
日曜日 
 
動物園内
 
オオスズメバチ
 
今年はスズメバチ類が少ないですが、それでも姿は見かけます。子どもたちとどんぐり拾いをしていたら、アジサイの植栽のところに3匹もいました。
  
 
金子
 
10月12日
日曜日 
 
動物園内
 
コナラ
 
コナラのどんぐりが早くも根を伸ばしていました。
  
 
金子
 
10月12日
日曜日 
 
動物園内
 
ハサミムシ
 
なぜかジョロウグモの巣にかかっていたハサミムシは、何倍も大きいジョロウグモに「はさみ」を向けて立ち向かいました。クモは戦意喪失でハサミムシは網を壊しながらゆっくりと逃げていきました。
  
 
金子
 
10月15日
水曜日 
 
行徳橋
 
セイタカアワダチソウ
 
セイタカアワダチソウが満開の時期になりましたが、あの黄色い花はすっかり少なくなりました。行徳橋南詰も、以前は河川敷の草むらが一面の黄色に染まりましたが、いまでは端の方で咲いているだけで、ヨシやオギ、クズなどの群落に姿を変えていました。
  
 
金子
 
10月16日
木曜日 
 
長田谷津
 
カラスウリ
 
今年はバラ園のアラカシの垣根でよく育っています。夏に花を見たときはオスばかりと思っていたら、しっかり赤い実が実っていました。自然の中のバラ園らしく、背景で、おしゃれな感じを演出していました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る