自然観察週報

 2014年10月26日から2014年11月1日


〇気象のようす

 

風のない日は心地よく、秋を満喫できる週でした。肌寒い雨降りの日もありました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
10月26日
日曜日 
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
ボランティアの人たちと草刈りをしました。お腹が膨らんだ大きなアカガエルが見つかりました。冬まで待って、2月ごろ、隣接するエコアップ池で産卵するのでしょう。
  
 
金子
 
10月26日
日曜日 
 
長田谷津
 
コオイムシ
 
エコアップ池の湿地の草を抜いたら、根元の泥の中で動くものがありました。コオイムシで、すでに成虫になっていました。シオヤトンボらしいヤゴもいました。
  
 
金子
 
10月26日
日曜日 
 
長田谷津
 
ツタ
 
斜面林の木に這い上がったツタが美しく紅葉していました。陽射しがあったので、とてもきれいに見えました。
  
 
金子
 
10月26日
日曜日 
 
長田谷津
 
スズメウリ
 
湿地のミゾソバが枯れ始めると、それまで隠れていたスズメウリの白い実が目立ちました。いくつもぶらさがっている様子は、飾り物のようでした。
  
 
金子
 
10月28日
火曜日 
 
長田谷津
 
アキアカネ
 
9月のころにくらべるとずいぶん数が減りました。それでも天気のいい日は、見つけることができます。
  
 
金子
 
10月30日
木曜日 
 
長田谷津
 
ヒヨドリ
 
斜面林からは、ヒヨドリの声がよく聞こえました。木々を見上げると数羽の群れになって飛んでいました。
  
 
金子
 
10月31日
金曜日 
 
長田谷津
 
アカバナ
 
アカバナの実が裂けて、綿毛のタネが顔を出していました。大きな群落はありませんが、毎年、どこかで花が咲き実がつきます。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る