自然観察週報

 2014年11月30日から2014年12月6日


〇気象のようす

 

冷え込んで霜が降りた朝がありました。いまのところ、毎週ほどよく雨が降って、ほどよい湿度です。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
11月30日
日曜日 
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
湿地の草刈りをしていたら、お腹の大きなアカガエルが飛び出してきました。毎年、今頃になると見かけます。
  
 
金子
 
11月30日
日曜日 
 
長田谷津
 
ノイバラ
 
湿地の草に隠れて気づきませんでしたが、見かけ以上にノイバラが多く、赤い実もたくさんついていました。
  
 
金子
 
12月3日
水曜日 
 
長田谷津
 
ガマ
 
晴れた日の上昇気流で、ガマの穂から飛んだ綿毛が谷津のあちこちをフワフワしていました。
  
 
金子
 
12月6日
金曜日 
 
長田谷津
 
サルノコシカケ類
 
少し大きなサルノコシカケがシラカシに生えていたのですが、根元から折られて盗られてしまいました。
  
 
金子
 
12月6日
金曜日 
 
長田谷津
 
ヤブコウジ
 
ヤブコウジの実が赤くきれいに色づいていました。落ち葉に埋もれた葉っぱを見つけて葉っぱの下をのぞいて、やっと目にすることができました。
  
 
金子
 
12月6日
金曜日 
 
長田谷津
 
ヤマガラ
 
斜面から張りだした目立つ枝にヤマガラが数羽、来ていました。好物のエゴノキの実はすでに無く、この時はムクノキの枝に止まっていました。
  
 
金子
 
12月6日
金曜日 
 
長田谷津
 
シジュウカラ
 
斜面林から降りてきたシジュウカラの群れが、ガマの茂みに入って茎をさかんに割っていました。中に隠れている虫を探しているようでした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る