自然観察週報

 2015年1月4日から2015年1月10日


〇気象のようす

 

低気圧が通っては、北に行って発達しました。冷たい北風の吹く日がありました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
1月7日
水曜日 
 
長田谷津
 
コガモ
 
バラ園下の池のカルガモに混じって、コガモが1羽来ていました。岸に上がっていたのですが、近づくとカルガモよりもずっと早く、泳ぎだしました。
  
 
金子
 
1月7日
水曜日 
 
長田谷津
 
ウラギンシジミ
 
成虫越冬する昆虫は冬の見どころの定番です。この日はシラカシの葉裏に止まっているウラギンシジミが見つかりました。
  
 
金子
 
1月7日
水曜日 
 
長田谷津
 
タネツケバナ
 
日当たりのいいあぜで、早くも咲いていました。まだ花茎は短く背が低い姿でした。
  
 
金子
 
1月10日
土曜日 
 
長田谷津
 
ムラサキツバメ
 
ムラサキツバメがいつも越冬するあたりで、陽射しを受けて茶色いチョウが1匹、飛んでいました。ムラサキツバメかムラサキシジミかは見分けられませんでした。
  
 
金子
 
1月10日
土曜日 
 
長田谷津
 
ロウバイ
 
甘い香りがふっと漂いました。ロウバイがちょうど満開で、見事な咲き具合でした。
  
 
金子
 
1月10日
土曜日 
 
長田谷津
 
モズ
 
ハンノキ林そばの草刈りした付近に、この冬はモズがよくいます。オスのモズが背の低いハンノキにとまって鋭い声で鳴いていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る