自然観察週報

 2015年3月15日から2015年3月21日


〇気象のようす

 

今週もまた、雨が降りました。暖かい日が多くなり、服装も軽くなりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
3月15日
日曜日 
 
長田谷津
 
ジョウビタキ
 
観賞植物園のまわりでヒッヒッと鳴いていました。フェンスの先端に止まったのはオレンジ色がきれいなオスでした。
  
 
金子
 
3月17日
火曜日 
 
長田谷津
 
アズマヒキガエル
 
三角池には、まだヒキガエルが残っていて抱接していました。ケーブルテレビの収録があったので手に持っていたら、全身から白い液体が滲み出してきました。ふだんはめったに白い液を出しませんが、繁殖の時は警戒態勢で敏感なのでしょうか。
  
 
金子
 
3月17日
火曜日 
 
長田谷津
 
オオイヌノフグリ
 
道端できれいに咲いていました。小さなアブが盛んに来ていました。蜜を吸いに来たのでしょう。
  
 
金子
 
3月17日
火曜日 
 
長田谷津
 
ミシシッピアカミミガメ
 
いわゆるミドリガメですが、すっかり成長し甲羅は真っ黒です。暖かい日だったので池の杭にあがって日光浴をしていました。11匹がきれいに横に並んでいました。
  
 
金子
 
3月21日
土曜日 
 
大町公園
 
キブシ
 
植えたキブシですが、黄色い房が何本も垂れて花がいくつも咲いていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る