自然観察週報

 2015年3月22日から2015年3月28日


〇気象のようす

 

今週も雨が降りました。暖気が去り、少し寒さが戻りました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
3月22日
日曜日 
 
長田谷津
 
カダヤシ
 
大町公園にはメダカはいなくて、メダカが暮らすような水辺にはカダヤシが暮らしています。園路を行くお客さんがつぎつぎに足を止め、群れるカダヤシの姿に春を感じていました。
  
 
金子
 
3月22日
日曜日 
 
長田谷津
 
アズマヒキガエル
 
産卵から3週間近くになり、卵塊から真っ黒いおたまじゃくしが抜け出そうとしていました。
  
 
金子
 
3月24日
火曜日 
 
大町
 
ツバメ
 
梨街道沿いの大きな農家の長屋門にソーラーパネルが設置されていて、それに見とれていたらツバメが飛んでいきました。
  
 
金子
 
3月24日
火曜日 
 
長田谷津
 
ミズバショウ
 
植えたものですが、ミズバショウがきれいに咲きそろいました。今年は多くの株が園路に背を向けるように咲いてしまい、少しサービスが悪いかもしれません。
  
 
金子
 
3月28日
土曜日 
 
長田谷津
 
ムラサキハナナ
 
毎年、こぼれタネからたくさん生えてきます。この花が咲くと、ツマキチョウの出現が待ち遠しくなります。
  
 
金子
 
3月28日
土曜日 
 
市川大野駅
 
オヤブジラミ
 
駅前ロータリーの植え込みに、ニンジンのような葉っぱがありました。植物に詳しい先生に聞いたところ、オヤブジラミでした。花はまだでした。林の野草なので、ちょっとびっくりです。
  
 
宮橋
 
3月28日
土曜日 
 
市川大野駅
 
つくし
 
オヤブジラミが生えているのと同じ場所につくしもありました。つくしは生えている場所をよく聞かれるので、こんなところに、と思いました
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る