自然観察週報

 2015年6月28日から2015年7月4日


〇気象のようす

 

梅雨空のなか、さわやかに晴れた日がありました。九州では大雨となり、市川も梅雨空が続きました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
6月28日
日曜日 
 
長田谷津
 
カナムグラ
 
湿地ではツル草が伸び始めました。ヘクソカズラやクズ、ノブドウのほか、群生するとやっかいなカナムグラも旺盛でした。
  
 
金子
 
7月2日
木曜日 
 
長田谷津
 
ニイニイゼミ
 
数日前から、ハンノキ林の中などで良く聞こえます。自然観察の小学生に「セミの鳴き声」と言っても、「セミ??」という感じでした。
  
 
宮橋
 
7月2日
木曜日 
 
大町
 
ヒグラシ
 
夕方、鳴き声が聞こえてきました。暗くなってきていたので、すぐに聞こえなくなりました。
  
 
宮橋
 
7月2日
木曜日 
 
大町
 
ヤマユリ
 
駐車場斜面で咲いていました。観察園を歩いているときも、どこからかいい匂いがしていました。
  
 
宮橋
 
7月4日
土曜日 
 
長田谷津
 
タシロラン
 
暗い林を好むタシロランが今年も咲いていました。梅雨空の下で見ると、暗がりに白い姿が浮かび上がって見えました。
  
 
金子
 
7月4日
土曜日 
 
長田谷津
 
オニヤンマ
 
羽化殻をずいぶん見るようになりました。谷津の上空を見上げると、空を行き交うオニヤンマが何匹か見られました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る