自然観察週報

 2015年12月13日から2015年12月19日


〇気象のようす

 

暖かい12月が続きました。 朝が寒くても日中は暖かくなりました。

 

   
月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
12月15日
火曜日 
 
長田谷津
 
マガモ
 
バラ園下の池にマガモのオスが2羽来ていました。すっかり繁殖羽になり、緑色が鮮やかでした。
  
 
金子
 
12月15日
火曜日 
 
長田谷津
 
アオジ
 
長田谷津の湿地は小鳥の声でにぎやかでした。シジュウカラやエナガの声に混じってアオジの声もたくさん聞こえました。姿を見ることもできました。
  
 
金子
 
12月16日
水曜日 
 
動物園内
 
キセキレイ
 
動物園内の人工の流れにキセキレイが来ていました。尾羽を上下に振りながら、石組みの上を渡っていました。
  
 
金子
 
12月16日
水曜日 
 
動物園内
 
カワセミ
 
自然観察園でカメラを構えている人たちを尻目に、カワセミは時々動物園内の人工の流れの石組みの上でのんびりしています。夏はザリガニ釣り場としてにぎわう場所で、この日も小さなザリガニ? を捕えていました。
  
 
金子
 
12月19日
土曜日 
 
長田谷津
 
ヨコエビ類
 
水路で茂り始めたクレソンの根元から、ヨコエビの仲間がたくさん捕れました。ペアになっているものばかりだったので、これから繁殖を迎えるのでしょう。小さなヨコエビは生態系を支える大切な屋台骨です。たくさん増えて、餌となる役割をしっかり果たしてほしいです。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る