自然観察週報

 2016年1月17日から1月23日


〇気象のようす

 

18日は首都圏でも降雪・積雪となり、都内では交通が混乱しました。 市内は雪ではなく雨で、強い風と大雨で台風みたいになりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
1月17日
日曜日 
 
長田谷津
 
カカンボ幼虫?
 
調査でハンノキの落ち葉がたまった水たまりの生き物を調べました。イモムシ型で水管のある幼虫がたくさんいました。ハナアブ類のようにも見えますし、ガガンボ類の一種の幼虫のようでもありました。
  
 
金子
 
1月17日
日曜日 
 
長田谷津
 
カダヤシ
 
湿地の水面をのぞいても生き物の姿はなく、でも調査で泥をすくうとカダヤシやアメリカザリガニ、赤虫、ヨコエビ類、ミズムシなどが入りました。
  
 
金子
 
1月19日
火曜日 
 
中山
 
コゲラ
 
小学校の中で自然観察をしていたら、ギーと鳴いてコゲラがハゼの木に止まりました。見ていたら幹をつつくのではなく、ハゼの実をついばんでいました。キツツキが枝先の実をついばむとは思いませんでした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る