自然観察週報

 2016年1月31日から2月6日


〇気象のようす

 

北風が吹くと、きびしい寒さになります。 風がなく日差しがある日中は暖かく過ごしやすかったです。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
1月31日
日曜日 
 
長田谷津
 
タネツケバナ
 
ボランティアの方々と湿地の枯れたヨシを刈り払いました。下からは春の野草の株が現われ、タネツケバナのロゼットはいまにも花茎をのばして花を咲かせそうでした。
  
 
金子
 
2月6日
土曜日 
 
長田谷津
 
ナギイカダ
 
長田谷津(自然観察園)の奥にナギイカダが植えてあります。ハナイカダと同じように葉の上で花を咲かせます。この日、小さなつぼみがありました。
  
 
金子
 
2月6日
土曜日 
 
長田谷津
 
シジュウカラ
 
1月、2月は野鳥にとっては餌が少ない季節です。何羽ものシジュウカラが枯れたヨシ原に入って、茎を割って餌を探していました。中の虫を狙っていると思います。
  
 
金子
 
2月6日
土曜日 
 
長田谷津
 
カワセミ
 
バラ園下の大きな池に、傾いて伸びているオオヤマザクラがあります。最近カワセミが、その枝を気に入っているようです。この日も、止まっていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る