自然観察週報

 2016年2月7日から2月13日


〇気象のようす

 

すっかり日脚が長くなりました。「光の春」は、まさに本番でした。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
2月10日
水曜日 
 
じゅん菜池公園
 
オオイヌノフグリ
 
寒い日があっても基本的には暖冬です。日当たりのい土手でオオイヌノフグリが花を咲かせていました。
  
 
金子
 
2月12日
金曜日 
 
博物館
 
フキ
 
博物館の「エサ農場」には植木鉢から逃げ出したフキが生えています。大きなふきのとうが開いて、花束のようにつぼみが顔を出しました。
  
 
金子
 
2月12日
金曜日 
 
博物館
 
フジバカマ
 
市内坂川旧河口のフジバカマを保護した時の株の残りをプランターで栽培しています。株分け・植え替えの時期なので根を掘り出したら、ピンク色の新芽がいくつも見つかりました。
  
 
金子
 
2月12日
金曜日 
 
博物館
 
アサザ
 
プランターで栽培しているアサザを植え替えました。小苗がびっしりあったので、分けて手元に置きました。どこかで活用しようと思います。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る