自然観察週報

 2016年2月14日から2月20日


〇気象のようす

 

14日に関東地方で春一番が吹きました。気温が上がり、翌日には急降下して、春と冬が行き来している感じでした。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
2月18日
木曜日 
 
動物園内
 
エナガ
 
園内の林にエナガの群れが来ました。暖房の効いた博物館の大きなガラス越しなので、せわしない動きをのんびりと眺められました。
  
 
金子
 
2月18日
木曜日 
 
大町
 
カワヅザクラ
 
動物園の駐車場のまわりなどに、カワヅザクラが植えてあります。つぼみが膨らみ、ちらほらと花も開いていました。
  
 
金子
 
2月19日
金曜日 
 
長田谷津
 
ウグイス
 
はやくもさえずり始めました。まだきれいな「ホーホケキョ」ではありませんが、「ホー」の声を聞くだけでも、いまの時期はうれしくなります。
  
 
金子
 
2月19日
金曜日 
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
1月に産んだ卵塊は、おたまじゃくしになっていました。2月に入って雨がよく降り、ずいぶん産んだみたいです。卵塊が増えていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る